転職サービス「キャリコネ」はおすすめ?

転職情報サービス「キャリコネ」は、転職先企業の社員が自社の内情を赤裸々にコメントしている口コミサイトです。

その口コミに書かれている内容は年収や面接時の質問内容、さらにちょっと際どい裏事情まで、信憑性の有無はともかくとして転職活動の参考になりそうなコメントが投稿されています。

キャリコネに登録すると転職エージェントや企業人事からのスカウトメールが受け取れるだけでなく、サイトに掲載中の求人にエントリーすることもできるようになります。登録の際は職歴情報なども入力しなくてはならないため多少手間はかかりますが、無料で利用できますし、登録するだけの価値はあるとお感じになることでしょう。

現在は、転職に成功するとお祝い金10~50万円が貰えるキャンペーンを実施中です。求人情報を自体はどの転職エージェントも似通っていますが、これから選考を受ける方ならキャリコネ経由が絶対お得ですよ!!

実はこのお祝い金、本来キャリコネが受け取るべき紹介手数料から捻出して支払われるものなのです。(業界人だから分かる裏情報です。)転職希望者に利益を還元したいという大盤振る舞いのキャンペーンとなっています。

キャリコネの強みは、何といっても口コミを売りにした転職エージェントだからこそ、コンサルタントにかなり突っ込んだ質問ができることです。たとえば転職希望先企業にネガティブコメントが見受けられる場合「この口コミは本当だと思いますか?」といった質問もアリなのです。これから選考を受ける企業の内情をできるだけ細かく知ることができるのは大きなメリットといえるでしょう。転職サイトの数は多くてもなかなかこういった細かい情報は得られないもの、だからこそ有効に活用できれば転職に有利になるかもしれませんよ。

自己満足転職ノススメ。

もう遠い昔、20年前のこと。
とりあえず、それなりに名の知れた学校を卒業して、それなりに名の知れた所で働き始めた社会人一年生の私。
とりあえず、安定した職業だし。親も親戚も喜んでくれたし、とりあえず明るい未来を手に入れたと思っていた。
でも、この“とりあえず”だらけが曲者だったことに後々気付くことになる。

結局働いて一年もしないうちに、自分が本当にしたい仕事なのかどうなのか自問自答する日々が続くことに。
この安定した仕事を手放す覚悟も相当なはずだけれど、その時の自分はそんなのどうでも良かった。
とにかく自分が興味のある仕事をしてみたい、もっと自分がのめりたくなるような仕事に没頭してみたい、そういう想いがちょうど
マックスになった時、偶然にも新聞の求人欄に気になる求人募集を見つけた。
とにかくその仕事に挑戦してみたくてすぐに応募、面接。
話はトントン拍子で進んでいき、数ヵ月後には新しい職場で自分にとってやりがいのある仕事をスタートしていた。

数多くある職種の中で、自分のスキルを活かせる職種を見つけてみませんか? 英語力だけでなく、今までの実績や持っている資格等を考慮し、挑戦してみたい職種を探してみましょう。 国内にとどまらずグローバルに活躍することによって、自分の持っているスキルをより大きく活かすことができるようになるかもしれません。
出典:外資系転職エージェントの選び方

収入は半減したけれど、自分がやりたかった職はこれだ!という満足に満ちた充実した日々をその後送っている。

転職する前には十分注意しましょう

以前の仕事をしている時に資格を取得して、いつもその資格を使った仕事ができないか、ずっと考えていた。

実際にその仕事に近い職場から「よかったら、うちで働いてみないか?」と誘いを受けた。

周りの人からも決して評判は良くない職場であったが、「夢に近づきたい」という一心で、飛び込んだ。
職種は事務と講師の仕事であったが、実際は雑用係りで、事務仕事だけでなく、何となく営業成績まで問われるようになってきた。また、言われることもたびたび変わるのでその対応に追われるばかりで、
思うように仕事ができなかったが、できないことを査定され、また入社当初と条件がどんどん変わってきた。地場産業であったため、
もう少し周囲の人の意見を聞いて、慎重に就職を考えるべきであったと反省している。

転職する際には「焦らず」「現在の就職状況がどうか」「その企業の人の入れ替わりはどうか」「条件はどうか」「そこで自分はどうなりたいか、将来的なビジョンをもつ」ということを心に留めて長く勤められる会社選びをすべきだと思う。

働きにくい職場が多くなっている

近年労働環境についていえることは、働きにくい職場が増えているということです。
それは、長時間労働だったりパワハラ問題だったりが増えているからです。
その結果、最近では転職希望者も増えているらしいです。その中で多いのが、人間関係に関する問題を抱えている人です。
もちろん、転職希望者には自分のスキルアップや、将来性を考えて行う人も居ます。

しかし、実際問題多いのは人間関係が悪い職場から、脱出したいという人ですね。
そして、そのように人間関係に躓く人が増えているのは、社会環境などの変化があるからです。
特に、最近の日本企業は価格競争や、過当競争に走っておりその皺寄せが労働者に来ていますからね。
その結果、職場の雰囲気なども悪くなっている会社が増えています。

そのため、結果的には働きづらさを感じる会社が増えているようです。
やはり、それを脱出するためには良い転職先を見つけることしかないと思います。
しかし、転職先もすぐに見つかるわけじゃないし、
良い環境の会社は人気があるので難しいのが現実です。

30代の転職

私は妻と5歳の子どもがいる30代前半の男性なのですが転職を考えております。

転職理由は大きく2点あるのですが1つは給料です。

これは良くある話だと思うのですが、正直今の仕事は給料が良くなく正直生活するので精一杯の状態です。

仕事内容自体は嫌では無いので、回りに相談すると好きな事を仕事にできて生活出来てるのだからもったいないとも言うのですが、やはり生活が第一優先なのでこのままで良いものなのか悩んでいます。

もう一つは内の会社は社会保険が無い事です。ほとんどアルバイトと変わらないような状態です。国民健康保険は非常に高く、年金もとても払えるような状態ではありません。

今後の生活や子どもが大きくなっていった時など将来が不安です。
仮にこのまま続けていって10年後の自分を想像できません。

仕事なのでそんなに甘いものでは無いことも十分に理解しているつもりですが、一家の大黒柱として私には家族を守る、幸せにする義務がありますので決断しなければいけないと思います。

たくさん転職を経験しました

若い頃、自分にどういう職業が合っているのか分からずに、
いろいろと職業を転々としました。いくつの職業に就いたか分からないくらい多くの仕事に就きました。

たくさんの仕事に就いて、その時は自分のことが好きになれませんでした。

ひとつの仕事が長く続かないということは我慢ができないと思ったからです。
我慢強くないから仕事が長続きしないのだと自分の性格が嫌いでした。

周りの人はひとつの仕事を我慢強く頑張って続けているというのに、
どうして自分だけどこで働いてもうまくいかないんだろうと頭を抱えていた時期もありました。
仕事すること自体嫌になって、仕事を決めずにひたすら家に閉じこもった時期も経験しました。

転職することによって自身もなくなり気弱になっていくばかりで、
お金なんていらないから仕事なんてやりたくないと何度弱音を吐いたか分かりません。
だけど結局働くことを選び、自分なりに頑張れる職業を長く続けるために努力しました。
その経験が今役に立っています。

20代後半での転職

私は地元から離れて新卒で東海地区の某有名ホテルに就職しました。
お給料は地元の企業と比べるとかなりいい方でしたし、名のあるホテルで働けることに喜びを感じていました。
生活は寮でのスタートとなりましたが、自炊。
いざ仕事が始まると激務で休憩はおろか休みは法定休日も取れない状態。
体を動かす仕事は深夜まで続き、帰ると疲れてろくなご飯も食べずに翌日の朝早くにからまた仕事。
体を休ませる時間がなく、月に2回ほどある半日休暇には蓄積された疲れで布団から起き上がれない状態に。
頭痛や体のだるさに、これはおかしいと病院に行くと、
仕事でなかなか難しいのは分かるけれども、疲れが溜まりすぎているからとにかく休みなさいと言われました。
この仕事が続く限り、休むことはできないし、体力の限界を考えて転職を考えました。
次に就職するのは地元がいい、けれど帰るには片道2時間。
1日の休みをもらっても転職活動をするのは厳しかった。
激務のサービス業から転職したくても、転職活動する暇がないのです。
仕方なく思い切って仕事を退職し、実家に帰って改めて転職活動を始めました。
新しい仕事が始まるまでは収入がない状態。
先の見えない転職活動に毎日不安で、焦りもありました。

次の職場には恵まれ、転職してよかったと思いました。

転職活動にめげそうな時は

転職活動にめげそうな時は、気分転換に、自分を盛り上げることが出来るような事をして下さい。
そして自分を見つめなおして、自分が本当に出来る仕事・やりたい仕事は何なのかをじっくり考えるのも良いことです。

転職中は、なかなか自分を見つめなおすことが出来ず、自分の志望業界に対して躍起になってしまいます。
しかし、やりがいよりも、社会的な地位や労働待遇を重視した仕事の選び方だって、決して悪いものでは有りません。

自分の能力を別業界で活かしたいのか、それとも今よりも良い労働条件で働くことを第一に希望するのか。

自分が本当に必要な条件を吟味することで、自ずと転職の方針や必要性が定まってくるのです。

転職は自分との戦いですから、自分を熟知して面接や試験に望まなければいけません。
全ての業界において、冷静で客観的で間違いのない判断力を持った人間が求められているのです。
ですから転職に迷った時は、本を読んだり、瞑想をしたり、運動したり、自分を見つめなおすことの出来る取り組みに励んで下さい。

上司次第でこんなにも仕事のストレスが減る

私の仕事で一番大変だったのは、上司との関係でした。

仕事も大変で、大変な割には薄給だったのですが、それでも一緒に働く同僚たちが良い人たちだったから、まだ我慢していたのです。

でも、上司はえこひいきをしたり、あからさまに私の事が嫌いというオーラを出してくるのが本当に辛かったです。

仕事でどうしても上司の判断を仰がなければいけない時に、上司のデスクまで行くのですが、私がいろいろ話したり相談したりしても、目も合わせてくれないのです。

初めて聞く仕事の内容でも、「前にも行っただろ!」「何回も同じことを言わせるな」と、濡れ衣のような言葉を投げつけてくるのです。

そして、私はそんな上司に怯え、パワハラと訴えたくてもそんな勇気もなく、ただ耐える毎日でした。

でも、たまたま同業で働く友人から、欠員が出たことを聞いて、転職を決意したのです。

同じ仕事なのに、今度の上司は女性。

私は、小さな仕事をするところからスタートをしましたが、とても一人一人の従業員を尊重しているという印象がありました。

仕事は変わらず大変かつ、薄給でしたが、上司がとってもいい人で、
毎日職場に行くのが辛くなくなって、本当にストレスが少なくなりました。

求人情報なら情報満載「転職Gold」

人気の求人サイト「はたらこねっと」などですっかりお馴染みのディップ社ですが、今回そのディップ社が手がけたのが求人情報満載の「転職Gold」です。

「はたらこねっと」をはじめとする求人サイト運営で培ったノウハウをもとに、求人情報をお探しの方にとって、使いやすく検索しやすいサイトとはどのようなものかを徹底的に追及した結果出来上がった「転職Gold」。

そのいちばんの特徴は、検索条件が非常に細かくピンポイント的に設定されていることや、転職活動に必須の情報、たとえば履歴書の書き方マニュアルなどが詳細に参照できることなどです。またスマートフォンからもアクセス・検索しやすいように、サイト全体が整えられていますので、パソコンからでもスマホからでもスムーズに検索できます。

もちろん嬉しい転職お祝い金制度も設けられています。